みんなの口コミで選ばれた人気ホテルランキング

アジアのエキゾチックな文化と金融立国としての国際都市が見事に調和されている都市がシンガポール。
そのシンガポールを訪れる時に利用して欲しいホテルを紹介してみます。

今、注目されているホテルはコレ!

【マリーナ ベイ サンズ】 Marina Bay Sands
 住所:10 Bayfront Avenue, Singapore 018956, Singapore

マリーナ ベイ サンズ

【接客】
★★★★★
【設備】
★★★★★
【値段】
★★★☆☆
【総合】
★★★★★

シンガポールの勢いを肌で感じるなら、2010年6月にオープンした高級リゾートホテル「マリーナベイサンズ」。

日本ではソフトバンクのCMでSMAPが登場するシーンの撮影場所としても有名。

なにしろ地上200mに浮かぶ船の上に空中庭園があり、その屋上プールからの眺望は今までの価値観を壊してくれるのでおススメ

ホテル内の施設には、ミュージアム・ショー劇場・カジノも併設されており、ホテル宿泊者を飽きさせる事はありません。

さらに、MRTベイフロント駅が2012年1月にホテル直結で開通したので、アジア有数のショッピング街であるThe Shoppesへもダイレクトアクセス可能となり非常に便利。

【マリーナ マンダリン】Marina Mandarin Singapore
 住所:6 Raffles Boulevard,Marina Square, Singapore 039594, Singapore

マリーナ マンダリン

【接客】
★★★★★
【設備】
★★★★☆
【値段】
★★★★★
【総合】
★★★★★

空港からも近く地下鉄へもシティリンクで直結しているので、天候に関係なくシンガポールを動き回れる便利な立地。

ちなみに、パンパシフィックシンガポールと向かい合わせですが、サービスレベルはこちらの方が上なのに値段は安いので断然こちらがおススメ。

ホテル内に入ると、日本の建造物ではありえない巨大吹き抜けに度肝を抜かされるはず
この建築物を見に行くだけでも価値があるほど。

そして、ロビーでは毎晩ピアノの生演奏をしているので優雅な気分を味わえます。

【コンラッド センテニアル シンガポール】Conrad Centennial Singapore
 住所:2 Temasek Blvd, Singapore 038982, Singapore

コンラッド センテニアル シンガポール

【接客】
★★★★★
【設備】
★★★★☆
【値段】
★★★★★
【総合】
★★★★★

シンガポールのリピーター(特にビジネスマン)の利用頻度が高いホテル。
早朝にチャンギ国際空港へ到着した場合でも、アーリーチェックインに快く応じてくれる。

朝食ビュフェは、種類がとても豊富なので連泊しても飽きる事はないでしょう。

そして、同クラスのホテルと比較すると、部屋が広く・サービスが良く・清潔感がある為、非常にコストパフォーマンスの良いホテルといえる。

また、ハーバーまで歩ける距離なので、気分転換したい時にはちょっと散策に出かける事も可能です。

【マンダリンオリエンタル】Mandarin Oriental
 住所:5 Raffles Ave, Marina Square, Singapore 039797, Singapore

マンダリンオリエンタル

【接客】
★★★★★
【設備】
★★★★☆
【値段】
★★★☆☆
【総合】
★★★★☆

マリーナベイサンズが出来るまでは、シンガポールで一番眺めの良いプールと評判だったマンダリンオリエンタル。

多少設備が古くなってきているのは否めませんが、それを十分カバーできるサービスレベルは健在。

ホテル内のレストラン(特に中華のチェリーガーデン)は美味しいですし、部屋から見えるマリーナベイの夜景もとても綺麗。

日本語を話せるスタッフがフロントにほぼ常駐している点も高評価の理由。
子連れ家族でも安心して宿泊できるホテルです。

【ザ フラートン ホテル シンガポール】The Fullerton Hotel
 住所:1 Fullerton Square, Singapore 049178, Singapore

フラートン ホテル

【接客】
★★★★☆
【設備】
★★★★☆
【値段】
★★★★☆
【総合】
★★★★☆

2001年に旧中央郵便局を約240億円かけて改築したホテルなので、ホテルの外観は重厚で高級感のある造り。

また、部屋の内装も気品があり、広めの設計

観光ではマーライオンが近く、ビジネスでは金融街に近いので、常に宿泊客で賑わっているホテルです。

シンガポール川に面した飲食街ボート・キー地区に位置しているのでレストランに困る心配はなし。
また、クラーク・キーの繁華街へも徒歩で10分ちょっと。

この川沿いは夜でも人通りが多く明るく安全なので、シンガの夜遊びへ出かけたい人はフラトンホテルを起点とすると良い。

【パンパシフィック シンガポール】Pan Pacific Singapore
 住所:7 Raffles Boulevard | Marina Square, Singapore 039595, Singapore

パンパシフィック ホテル

【接客】
★★★☆☆
【設備】
★★☆☆☆
【値段】
★★★★☆
【総合】
★★★☆☆

ビジネス客&ファミリー共に人気のあるホテル。

ベイサイドビューのバルコニー付きの部屋に泊まると、夜景が綺麗に見える。

高いお金を出してマリーナベイサンズに泊るより、パンパシからマリーナベイサンズやシンガポールフライヤーの夜景を見ている方が感動するという噂もチラホラ。

ホテル内の案内表示に日本語も併記されていたり、日本語を話せるスタッフが多いのも特徴。
それだけ日本人の宿泊客が多いという事。

また水中音響システムを利用したプールは不思議な感覚がするので体験してみる価値があります。

シンガポールの観光名所は?

シンガポールの観光地は、市内だとマーライオンやラッフルズ博物館。
あとはリゾート開発が進んでいるセントーサ島見学も楽しいです。

ただ最も魅力的なのは、街歩き。
多民族国家であるシンガポールは、レストランも建築物も多国籍で魅力的。

街歩きで特に行ってほしい場所はリトルインディア。
ヒンズー教の神様が祭られたスリマリアマン寺院は、日本人には刺激的でしょう。

またアラブストリートを歩き、コーランを聞きながらマスジッド・アブドゥル・ガフールやサルタンモスクを見学するのも一見の価値あり。

MRTブギス駅前は、土産物屋・アクセサリー屋・布屋が一帯に連なるアーケード街となっています。
そして、ブギスジャンクションにあるショップ『イルマ(Iluma)』では日本文化も満載です。
アジア諸国に日本文化がどのように紹介されているのかを確認してみるのも楽しいです。
特におススメは「オタクハウス」。
日本アニメやコスプレ衣装が勢揃いしていますよ。

あと、チャイナタウンに行く事でシンガポールの歴史も勉強できます。
ヘリテージ・センターで歴史を学び、チャイナタウン・コンプレックスで現地の人と食事をとれば、今アジアで勢力を伸ばしている中国華僑を理解できるかもしれません。

色々、ツラツラ書きましたが・・・
何が言いたいかというと、「シンガポールの街歩きは面白い!」という事のみ。
狭い国家で鉄道インフラは非常に整備されているので、地下鉄を使ってどんどん歩いてみましょう!

ちなみに歩きすぎて疲れてタクシーに乗ったとしても、料金は日本のタクシーより全然安いので気軽に利用できます。

満喫する為にはMRTを使いこなそう

アジアの熱気と整然とした国際都市の両面を持つ魅力的なシンガポール。
宿泊施設はマリーナベイを中心に特色のあるホテルがたくさんあります。
MRT(地下鉄)を使えば国内どこにでも移動できる距離。
だからホテル選びは本当に気に入った所に泊まりましょう!

ページの先頭へ戻る